【サッカー人気4位】アンタッチャブルではない「Jリーグ史上…

Dio-maga(ディオマガ)

【岡山vs山形】有馬賢二監督(岡山)記者会見コメント「勝ちたいという気持ちがあったから最後まで切れずにボールを追えた」

■明治安田生命J2リーグ 第21節
9月23日(水)岡山 2-1 山形(19:03KICK OFF/Cスタ/2,930人)
得点者:49’齊藤和樹(岡山)80’渡邊凌磨(山形)90+1’パウリーニョ(岡山)
———-
○有馬賢二監督(岡山)
「まずは選手たちが、勝点3を取るためにゴールに向かう、もしくは相手の隙をしっかり突いていくという意味ではしっかり入ってくれて勝点3を取れました。守備の部分でもしっかりと中を閉じながら、相手がやろうとするところを、相手のストロングを消しながら、全部が全部高い位置で取れたわけではないですけど、危機のところを消しながらゲームを推移できたかなと。ただ、前半のところは奪ったあとの起点ができない部分があったので、後半、しっかり自分たちがボールを運ぶことと、背後を狙いながらもボールを運んでいくことを整理して入っていきました。

後半、自分たちがああいう形で点をとったあと、失点のところはもう一個、セカンドボールのところも含めて戻してなきゃいけなかったし、クロスを上げられたところに対しても、やるべきことをやっておかないとああいう失点になっていくのかなと。そういう隙があると、場合によっては勝点1になっていた部分を、最後は皆がゴールに向かってくれて、奪ったところからPKを獲得して、勝点3を取れたのはあります。

勝ちたいという気持ちがあったから最後まで切れずにボールを追えたし、ただ今後勝点3を積み上げていくためにはもっともっと守備のところをアラートに、全体がひとつに連動しなきゃいけないし、攻撃のところは何回か連動して意図的な崩しも出来た分ね、セットプレー含め、流れの中でもう1点取れるような形を積み上げていきたいと思います。

本当に連戦を戦っていく上で、サポーターの皆さんの声援があったお陰で、大事な勝点3がここで取れたことは次に繋げていくいい薬かなと思います。

やり続けていることをしっかりと信じて、さらに上積みをしていきたいと思います」

(残り 1034文字/全文: 1864文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック