【サッカー人気1位】「クラブ寝耳に水」の意味がちょっと違っ…

Dio-maga(ディオマガ)

【群馬vs山形】レポート:4-1で勝利。でも、まだまだこんなもんじゃない!

■明治安田生命J2リーグ 第23節
9月30日(水)群馬 1-4 山形(19:03KICK OFF/正田スタ/779人)
得点者:4’大槻周平(山形)35’田中稔也(群馬)67’山岸祐也(山形)72’山岸祐也(山形)76’熊本雄太(山形)
———-
スコアは4-1。中2日のアウェイの地で、同じスコアで勝利した第15節・琉球戦以来の複数得点で勝利した。ただ、「快勝」と見出しを打ちたくなるようなスコアにも、指揮官は納得の表情とはいかなかった。

「全体的にはアグレッシブに自分たちのサッカーが表現できた」としながらも、前半に関しては「試合が中だるみした感じがして、消化不良のゲームかなと思っています」とコメントした。

相手は、前回ホームで2-3と敗れている群馬。モンテディオは立ち上がりから中盤でダイレクトパスをつなぎ背後へ飛び出すプレーが見られたが、4分、熊本雄太からのパスを野田裕喜が前方へフィード。飛び出した山田拓巳がワンタッチで戻すと、渡邊凌磨がドリブルで奥へ仕掛け、ゴールライン側から上げた山なりのクロスを大槻周平がヘッドで仕留めた。

(残り 2962文字/全文: 3429文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック