現役GMが教えるJクラブ経営のリアルな見方(J論)

Dio-maga(ディオマガ)

【トピックス】引退しても松岡節はそのままに。「今後の松岡亮輔にご期待ください」

2020年末で現役生活を終えた松岡亮輔さんが、2月5日、6日とモンテディオ山形の御前崎キャンプを取材しました。キックオフイベントのゲストMCやキャンプ中のYouTube Liveで顔を出していたこともあり、皆さんはすでに引退後の活動の様子を目にしていると思います。
そんな松岡さんから、他の記者も交えた囲み取材形式で色々と話を伺えたので、元サッカー選手らしくコメント形式で掲載します。
現役引退を決意した時の思いや引退してみて感じること、今後の活動についてなど。20分ほどざっくばらんに話してくれたので、そんな松岡節もお楽しみください。

囲み取材に応じる松岡亮輔さん。現役で山形に在籍している頃から、囲み取材で話に夢中になったり考えて話したりすると腕を組む癖があるが、そんな仕草も懐かしかった。

〇松岡亮輔さん(元モンテディオ山形 2014~2018在籍)

Q:今日は取材クルーの一員ですか?(この日はYTSの取材クルーに加わっていた)

「取材クルーなのか・・・未だに自分の立ち位置がわかっていないっていうね(笑)」

Q:山形では色々な仕事をもらっているみたいですね。

「これでラストかな(笑)とりあえず。でもクラブの方からもYouTube Liveのお話を頂いていて、ありがたいことに色々とやってる感じです」
 
Q:肩書は何になるんですか?

「肩書ね・・・どうします?」

Q:ライター?

「ライターではないです。なんだろう、募集中ですね。ちょっとみんなで決めていきましょ。松岡亮輔の肩書を決めるオンラインサロンとか? 」

Q:将来やっていきたい仕事のイメージはあるんですか?

「まずこの1年は頂いた仕事を全部やっていこうと。自分が将来どうなっていきたいかをそこで決めてもいいかなと。サッカー選手が終わって、そのままサッカー界に入る手もあるんですけど、ちょっと今はやめておこうかなと思いました」
 
Q:サッカー界に残る選択肢もまだ残っている?

「もちろんもちろん。サッカーから離れるんじゃなくて、あえて距離を取ってみて、違う社会を見ておこうかなと。もし戻ったとしても、それが活きるだろうし」
 
Q:じゃあ何でもやるから仕事募集中ってことでいいですか?
 
「そこはぜひアピールしてください。闇営業以外で(笑)

Q:ちなみにサッカーの指導者ライセンスは持っていますか?
 
「持っています。S級です!」

Q:S級ライセンスを持っていると・・・。

「嘘です、Sはすぐには持てないです(笑)現役の間に取れるのはB級までです。Bは持っています。でもBの指導者講習に行ったときに思いましたけど、やっぱり楽しいですよ。自分の言葉や練習メニューで選手が変わってくれるのを実感すると、やり甲斐はあると思います」

Q:今色々と挑戦している中で感じていることは?

「もうね、刺激があって勉強になることばっかり。今、1月から3月までの間で、オンライン大学に行っているんです。日本営業大学というところが、現アスリートや元アスリートを対象に、一般社会の基礎とか、ビジネスのコミュニケーション論とか、営業の心理学論みたいなことを教えてくれるんです。それがめちゃくちゃ楽しいです。
 しかしありがたいですね。こうやって引退しても取材してもらえるのは」

Q:藤枝で引退セレモニーはありましたが、ファンサービスができなくて、引退のお別れはないままだったので、寂しがっているファンは多いと思いますよ。

「そうですか。まあね、去年は本当にサポーターと会えなくって。ファンサが一度もなくって、最後らへんはサインを忘れちゃってて(笑)最後にプレゼントでサインを書いたけど、そこまでの期間は10か月くらい開いてたかな。
 
Q:ファンサービスができなくて寂しかった?
 僕もそうだけど、サポーターの方に申し訳ないですよね。そういうのを楽しみにしているでしょみんな。

Q:個人でそういう触れ合う機会を自分で作っても面白いのでは?今はYouTubeとかもありますし。

「それもあるかなぁ。そういうのも含めて色々考えてみます」

Q:改めて現役生活を終えた今の気持ちを聞かせてください。

(残り 3405文字/全文: 5144文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
1 2
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ