現役GMが教えるJクラブ経営のリアルな見方(J論)

Dio-maga(ディオマガ)

山田康太選手「もう少し距離感をみんなが縮める必要があった」南秀仁選手「今日は大事に大事にやり過ぎていた部分があった」【町田vs山形】試合後の選手コメント

■明治安田生命J2リーグ 第1節
2月28日(日)町田 1-1 山形(14:00KICK OFF/Gスタ/2,618人)
得点者:56’オウンゴール(山形)86’深津康太(町田)
———-
○山田康太選手
Q:1-1という結果になりましたが、自身のパフォーマンス含めて振り返ってください。

「山形に来て初めての公式戦ということで、少しやりながらイメージはしていたものの、前半入りはなかなか理想通りの試合運びにはできなくて、自分でゲームをコントロールするという時間が短かったので、どうしてもうまく運べてる感じは正直していませんでした。ただその中でも、失点もしてないですし、実際あの試合展開でアウェイの中先制できて、流れの中でもあまり怖さを感じてなくて、ただセットプレーでやられてしまったというところは、選手も追いつかれた側ですし、メンタル的に落ちちゃった部分も正直あるかなと思います」

(残り 1630文字/全文: 2017文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ