【サッカー人気4位】男子サッカーの問題点。日本はなぜ10人…

Dio-maga(ディオマガ)

【琉球vs山形】レポート:セットプレー2発で琉球撃破! 新体制2連勝で8位浮上!!

■明治安田生命J2リーグ 第15節
5月22日(土)琉球 0-2 山形(18:03KICK OFF/タピスタ/1,627人)
得点者:8’半田陸(山形)56’野田裕喜(山形)
———-
前半8分、右からのコーナーキック。キッカーとして立ったのは中原輝と國分伸太郎の2人。ニアサイドには南秀仁、ファーサイドには山田康太が構え、ショートコーナーの受け役としてボックス角に山田拓巳が入った。
ゴール前のターゲットは4人と少なかったが、中原のフェイントから國分のキックに合わせてターゲット全員がニアに寄って琉球の選手を釣り出すと、中央ファー寄りのコースに後方から走り込んできたのは半田陸。勢いのままダイレクトで打った右足インサイドボレーで豪快にネットを揺らした。

(残り 2611文字/全文: 2935文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
1 2
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ