Dio-maga(ディオマガ)

【仙台vs山形】レポート:ダービーでリベンジならず、それでも示した可能性

■明治安田生命J2リーグ 第23節
6月25日(土)仙台 1-1 山形(16:01KICK OFF/ユアスタ/15,372人)
得点者:33’野田裕喜(山形)85’中山仁斗(仙台)
———-
「典型的なダービーの戦いだったと思います。両チームとも、それほど何かがあったわけではないと思います」

ピーター クラモフスキー監督の試合後のコメントには、ダービーマッチの難しさが凝縮されているようだった。

互いへのリスペクト、結果へのこだわり、そして、31度を超える高い気温もあっただろう。両チームとも特に前半はリスクを最小限に、攻撃時も攻めきれるときには攻めきろうとしていたが、けっして無理はしていないように見え、ジリジリとした時間が流れた。

(残り 3674文字/全文: 3987文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
1 2
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ