山梨フットボール

佐藤和弘「レッズとやった感覚でいると山形に喰われる。セカンドボールのところで戦わないと結果に響く」【練習場から】

「レッズとやった感覚でいると山形に喰われる。セカンドボールのところで戦わないと結果に響く」佐藤和弘

――ルヴァンカップのプレーオフ浦和戦(2試合合計3-2○)が終わって、3週間ぶりのリーグ戦です。リーグ戦の“再開”という感じでもありますが、ルヴァンカップで準々決勝進出が決まってホッとしたよう気持ちに一旦はなりませんでしたか?

正直、そういう感じがないことはないですけど、浦和とのルヴァンカップの第2戦(1-2●)は負けているんで…勝って準々決勝進出を決めたかったです。

――複雑な気持ちでしたか?

試合には負けたんで、準々決勝進出をどう喜んでいいのか分からなかったですね。

――試合後の表情は微妙でしたね。

試合がきつくて疲れていたのもありますが、難しかったですね。

――次のリーグ戦、山形戦に向けて気持ちの切り替えは難しいですか?

レッズはあまり寄せてこなかったですけど、J2のチームは寄せが速いんでそういうところで戦う場面が増えることは再認識しています。レッズ戦(第2戦)はセカンドボールがあまり拾えなかったけれど、山形戦はそこで戦わないと結果に響いてくるので大事にしたいです。

――J1浦和と戦う難しさとJ2山形と戦う難しさの違いに向き合わないと痛い目に遭う?

レッズとやってできたこともありますが、J1のスペースがあるサッカーとJ2のスペースがないサッカーでは変わると思います。レッズとやった感覚でいると喰われると思います。そこをどう取るか。J2はプレッシャーに行くと蹴ってくることが多いですが、浦和はテクニックがあるから外してくる。第2戦はスリーラインの距離感もよくなった。J1のチーム相手にパスコースを前から限定するのは簡単ではないです。ルヴァンカップのグループリーグで対戦した磐田、清水、札幌とも違いました。

(残り 1241文字/全文: 1993文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ