柳下毅一郎の皆殺し映画通信

『愛国女子―紅武士道』 まるっきり千眼美子のドキュメントではないかこれは!大川総裁、千眼美子嬢を巫女として指導者に祭り上げようとしてんじゃないか

公式サイトより

愛国女子―紅武士道

監督 赤羽博
原作・製作総指揮 大川隆法
脚本 大川咲也加
音楽 水澤有一
出演 千眼美子、田中宏明、希島凛、なりたりな、市原綾真、大島さと子、中条きよし、国広富之、西岡徳馬

曲がったことが嫌いな剣道少女、女子大生の大和しずか(千眼美子)はひょんなことから怪しい神を奉じる新興宗教団体にスカウトされ、カリスマ的な指導者(田中宏明)の指導で霊界の戦士になるべく瞑想修行に勤しむ……ってまるっきり千眼美子のドキュメントではないかこれは! あたら変な宗教にひっかかったばかりに、妙な修行をしたせいで幻覚・幻聴を覚えるようになり……なんかこれ見ていて、大川総裁、千眼美子嬢を巫女として指導者に祭り上げようとしてんじゃないかって気がしてきたな。これが杞憂に終わるといいんですけど。

 

 

映画がはじまると青空に浮かぶ美しい富士山。そして真っ赤な「愛国女子」の文字。松竹映画かと思いましたがそうではなくこれは日活制作。舞台は現代の日本。ユーラシア大陸の超大国「ソドラ共和国」(ソドム+ゴモラ?)はICBMの実験と称して日本列島をまたいで太平洋にまでミサイルを飛ばしているが、ロクに抗議もできない弱腰の日本政府に怒りを燃やすのはしずかの父、大和一心館道場の道場主である大和信現(西岡徳馬)だ。「だが今のマスコミでは正論を言うこともできない」「お父さんにはこっちのほうが合ってるかもね!」と息子信(伊勢太陽)がネットでの討論番組を見せると、そこに登場していた、ただ一人ソドラ共和国の拡張主義を批判するNPO法人「日本の未来を守る会」代表のイケメン高山悟志(田中宏明)の発言に一家揃って大喜び。感化されたしずかは新聞に日本の未来を憂える投書をし、帝都新聞にそれが採用されて大喜び、さっそく新聞社の就職試験を受けるが、面接で滔々と持論を語り、

「そんなに意見述べたいなら、マスコミじゃなくて言論人になれば~」

 とあえなく撃沈。それでも懲りないしずか、友達とスイーツ三昧してると、いきなりスカウトに声をかけられる。

「アクション女優に興味ありませんか? 剣道女子学生チャンピオンのあなたなら!」

 男はライジンスタープロダクションという芸能プロダクションの人間だという。訝しむしずかだったが、友人から勧められたこともあり、何事も経験だと会社に行ってみる。プロダクションがあるのは「日本の未来を守る会」と同じビルだった。面接は地下だと言われ、一人で地下室に向かうしずか。部屋に入ると、いきなり椅子に座っていた面接官たち四人が木刀で襲いかかってくる。慌てず騒がず四人を叩き伏せるしずか。

「お見事!」

拍手しながらあらわれたのは高山である。

「申し訳ありません。ちょっと試させていただきました」

しずかこそ、彼らが求めていた人材だ! すぐに懐柔されてしまうしずか(もともと思想的にも高山の仲間なのである)。高山、実は「日本救済会議」なる宗教団体連合会の事務局長として、ひそかに日本を救う活動をくりひろげているのである。いよいよきな臭くなってまいりました。

「この世ならざる光に守られている感覚はありませんか? 神示により、あなたこそが日本を救う存在だと伝えられました。
「神示――神様からのお告げってこと?」

オカルト会話に打てば響く調子で応じるしずかである。

「21世紀に日本は滅亡するかもしれません」

そう、その元凶は唯物論国家である「ソドラ」。その背後には霊界から日本を滅ぼそうと糸を引いている黄泉大魔神の存在がある!

てな調子ですっかり洗脳されてしまったしずか、「日本の未来を守る会」の若者たちと一緒にソドラの脅威を訴える街宣をしたり(「共×党」の暴漢に襲われるが叩きのめしてさらに名声を高める)、高山と一緒にYouTube番組〈ザ・トゥルース〉をはじめて「日本は三万年前に天御祖神(あめのみおやがみ)が降臨して作られた世界最古の国だそうです」とかムー民みたいなことを言いはじめる。しずか、就職に失敗したあげく変な宗教にハマってネットで真実とか駄目人間コース一直線なんですが。だがマスコミや政財界にも黄泉大魔神のスパイは入りこんでいる!と教えられたしずか、高山から特命を与えられ、霊界で黄泉大魔神と戦う戦士に選ばれて有頂天。ついては霊界に行くために幽体離脱の術を会得しなければならない!と道場で瞑想の日々。そのうちにテレビでソドラに融和的なことを言っている政治評論家の背後に悪魔の姿を幻視するようになる。

「最近どうですか? 変なものが見えたりしませんか?」

 と言われて幻覚の話をすると

「どうやら修行の成果が出てきたようですね!」

 いやダメだろそれ! どんどん社会復帰できない方向に坂を転げ落ちてゆくしずか。

 

(残り 1541文字/全文: 3528文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

tags: なりたりな 中条きよし 千眼美子 国広富之 大島さと子 大川咲也加 大川隆法 市原綾真 希島凛 幸福の科学 水澤有一 田中宏明 西岡徳馬 赤羽博

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ