「ザ・ヨコハマ・エクスプレス」藤井雅彦責任編集:ヨコハマ・フットボール・マガジン

「ブマルは右サイドで考えている。大津は今のスタイルから考えるとトップ下が適しているのではないか」(ポステコグルー監督) [練習レポート]

 

 

ほぼ満開の桜が咲き誇った今日26日、チームは3連休明けのトレーニングを行った。春休みのタイミングに『ふれあいエリア』が設置されこともあり、多くのファン・サポーターが練習見学に訪れた。

この日は戦術練習こそ行わなかったものの、選手たちは密度の濃い練習メニューで汗を流した。31日のリーグ第5節・清水エスパルス戦からは中2~3日で15連戦という過密日程になるだけに、フィジカルコンディションを整えることが最重要課題となる。

その連戦についてアンジェ・ポステコグルー監督は前向きな見解を示した。「毎試合進歩しているが、最終地点は先にある。強い基盤を作るには試合が必要。そのチャンスだと考えている」。メンバーのやりくりも含めて、チームが総合力を上げるためのポジティブな機会と捉えているようだ。

また、新加入のオリヴィエ・ブマルと石垣島キャンプ中の負傷によってここまで公式戦に出場していない大津祐樹の起用法についても言及。

 

 

下バナー

(残り 349文字/全文: 776文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ