「ザ・ヨコハマ・エクスプレス」藤井雅彦責任編集:ヨコハマ・フットボール・マガジン

「交代に関してはちょっと理解できなかったし、スタジアムのみんなもそう感じたと思う」(ウーゴ)他 [G大阪戦後コメント]

 

 

【試合を終えて】

アンジェ ポステコグルー 監督

「選手のことを思うと結果はとても残念。もちろんサポーターにとっても報われない結果になってしまった。ただ、今日は90分間を通して良いパフォーマンスだったと思う。繰り返しになるが、結果が出ないのは残念だが、前進するのみだ」

 

――最初の頃の攻撃だけのチームから、全体的にバランスの取れたチームになっている。攻撃的にバランスを取るチームを作るのに、最初はとにかく攻撃的に戦い、負けても構わないからそのうちバランスが取れていく。守備から入ったらこういうレベルにはならないと思うが、その点についてどう思う?

「とても良い質問だと思う。たしかに攻撃的な入り方にしていたが、自分が信じているサッカーはこういうサッカーだし、チームをビルドアップしていく中で攻撃から入っていくことを選手たちがやってくれたので、一番難しいところは乗り越えたのかなと思う。結果、順位だけを見ると『そうではない』と思われるかもしれないが、自分の経験からして、チームを作るにあたって一番難しいところは乗り越えていて、あとは最後のところ、フィニッシュや結果のところだけだと思っている」

 

――今日の失点シーンのように、高い位置を取っているGKの頭を越されていることがある。それは仕方ないことなのか、それとも対策を考えるべきなのか?

「あのシーンだけを見るとそうだが、自分たちは4~5回決めるチャンスがあったと思うし、90分を見るとアタッキングサード、最後のフィニッシュのところだけ。もちろん細かい修正は必要かもしれないが、(飯倉)大樹は勇気を持って前のポジションを取ってプレーしてくれているし、あとはちょっとした微調整だけ。90分間を見ていくと、そこだけの問題ではないと思う」

 

――このチームは集中している試合もあれば熱くなっている試合もあるし、崩れている試合もある一方、今日は全員が洗練された冷静なメンタルで試合に入れたと思うが、どう感じる?

「90分を通して冷静さを保ち、しっかり戦えたのは今日が初めてではないだろうか。外から見るとなかなか見られないかもしれないが、良いチームになるのも間近だと思うし、今日に関しては選手たちの信念がいろいろな場所で見受けられたと思う」

 

――二人同時に交代して最後は仲川を真ん中にしたが、交代枠が1枚残っている中でセンターFWに伊藤などの交代は考えなかったのか?

「もちろん考えたが、(遠藤)渓太とブマルを入れることで、ワイドで突破して、テル(仲川)も速いし、チャンスがなかったわけではないと思う。チャンスも作れていたので点は入ると思っていたが、入らなかったのが今日の流れだった」

 

FW 9 大津 祐樹

「今日はサイドのポジションだったけど、最後のゴールにつながるような動き出しをもっと増やさないといけなかった。ここまでいろいろなポジションをやりながら、それぞれの役割を判断しながらプレーしてきた。このサッカーなら中央のほうがいいのかなと思うこともあるけど、サイドで仕掛けるのは自分のウリでもある。あとは勝つためにどうするかをチームとして考えなければいけないし、それぞれの特徴やプレーがチームの勝ちにつながらないといけない」

 

下バナー

(残り 1712文字/全文: 3074文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ