「ザ・ヨコハマ・エクスプレス」藤井雅彦責任編集:ヨコハマ・フットボール・マガジン

左サイドバックで練習したのは試合前日の1日のみ。未知数のイッペイ・シノヅカへの賭け [J19節 川崎戦プレビュー]

 

 

FC東京とサンフレッチェ広島に大筋似たような内容で負けた。ボールを保持しながらも、カウンターとセットプレーで屈したという表現でほぼ間違いないだろう。

次の相手の出方が気になるところ。川崎フロンターレがリーグ屈指のポゼッション能力を持っているのは周知のとおりだが、近年は戦術的な幅も持ち合わせるチームに仕上がりつつある。ポゼッションを志向しつつ、マリノスに合わせてカウンターも繰り出せるチームだ。マリノスの近2試合を見て、戦い方をマイナーチェンジしても不思議ではない。

対して、マリノスはどうゲームを運ぶか。広島戦後、アンジェ・ポステコグルー監督は「全体を通して指導のやり方や戦い方を変えるつもりはない。もっとディフェンシブになるということはないし、今のサッカーを極めていきたい」と言い切った。これまでどおり自陣からボールをつなぎ、相手を圧倒するサッカーを目指す。

過去2試合は相手のブロック守備を崩い切れず、決定打を与えられなかった。その点において、仮にフロンターレが4-4のブロックを形成したとしても、FC東京や広島の完成度には及ばないはず。付け入る隙はありそうだ。

しかしながら、ここで先手(つまり先制点)を取れないと、途端に苦しくなる。それは2試合連続で大量失点による大敗を喫しているからで、チームや選手のメンタルは常に一定ではない。サッカーゲームと違い、人間や組織が力を発揮する上でテンションやモチベーションは大きなウェイトを占める。

そして、この試合では最近のパフォーマンスや連戦であることを踏まえ、複数人の先発入れ替えが行われそうだ。

 

下バナー

(残り 527文字/全文: 1213文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ