『タグマ!サッカーパック』全35メディアが読み放題

「ザ・ヨコハマ・エクスプレス」藤井雅彦責任編集:ヨコハマ・フットボール・マガジン

「サッカー云々というよりも、もっとマリノスとしての誇りを持って戦うべき。戦術とか戦い方よりもそれが必要」(飯倉) 他 [川崎戦後コメント]

 

【試合を終えて】

アンジェ ポステコグルー 監督

「もちろんフロンターレはいいチームで非常に難しいゲームだったが、内容的には五分五分の部分もあったし、自分たちがチャンスを決めていれば違った展開になったと思う。でも0-2になって難しくなった」

 

――今シーズンのリーグ戦で無得点が柏戦以来2試合目だったが、攻撃が不発だった理由をどう考えているか? それと試合後、サポーターの前に立って胸を叩いた時の感情は?

「たしかに無得点に終わったが、いいエリアにボールが入っているし、そこを決められなかったということ。シーズンが始まってから、サポーターはいつも素晴らしい。自分たちが向かっている道は間違いなく正しい。簡単ではないこともわかっているが、最終的に成功すると思っているし、サポーターが誇らしく思うクラブになると確信している」

 

――消耗の激しい環境の中で、今のサッカーで違いを作る難しさを感じていると思うが、現状を打開するために何を考えている?

「決め切るところで負けていると自信が失われる。フロンターレはしっかり決めた。今までもハードルを乗り越えるために試されたことがあるが、今までもハードルを乗り越えてきた。やることはまったくブレずに変わらない。今の道が成功につながっていると思っている」

 

 

MF 14 天野 純

「相手はうまかったし、失点は両方とも自分たちがやりたいような崩しでやられた。自分たちがやりたいことを相手にやられた。自分たちのバリエーションの少なさや距離感など、いい勉強になった。絶対に勝たないといけないゲームだったけど切り替えてやるしかない。フロンターレは攻撃の形がなくて、自分たちはパターンのようになっている。相手はローテーションしながら相手を見てサッカーをしてくるので、抑え所がなかった」

 

下バナー

(残り 1001文字/全文: 1774文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

タグマ!サッカーパックのご案内
全35メディアが読み放題