『サッカーパック』39メディアが1550円で読み放題

「ザ・ヨコハマ・エクスプレス」藤井雅彦責任編集:ヨコハマ・フットボール・マガジン

畠中槙之輔の今季の目標は「マリノスのスーツが似合う男になる」。でも、その前に日本代表のユニホームが似合う男になってしまうかもしれない。そんな期待を抱かずにはいられない

 

 

チームメイトも絶賛する畠中のポテンシャル。「最終ラインの司令塔」(喜田拓也)、「センターバックの差が出た」(天野純)、「なんで今までJ2にいたのか分からない」(栗原勇蔵)。

畠中の潜在能力をいち早く察知していたのは栗原勇蔵。日本代表でもプレーした経験のある男が、同じポジションのライバルを称えるのだから、畠中はホンモノだ。 

今季の目標は「マリノスのスーツが似合う男になる」(畠中槙之輔)。でも、その前に日本代表のユニホームが似合う男になってしまうかもしれない。そんな期待を抱かずにはいられない。

 

 

 

畠中槙之輔が日本代表に初招集された。他に選出されたセンターバックとの比較は難しく、海外組の吉田麻也などはあえて選外となっている可能性が高い。それでも今季のパフォーマンスを観ている者ならば、かなり納得できる人選ではないだろうか。

マリノスの攻撃の多くは、畠中を起点にスタートしている。「最終ラインの司令塔」と評したのはアンカーを務める喜田拓也だ。的確な球出しが攻撃に滑らかさを生み、中盤から前の選手をプレーしやすい環境にする。

『運びながら出せる選手』だ。相手のプレッシャーを受けても堂々とルックアップし、ドリブルでボールを持ち運び、味方のほしい場所に正確なボールを出せる。ポジションはセンターバックだが、そのプレーぶりは司令塔と呼ぶにふさわしい。

 

 宮崎キャンプでの紅白戦で、控え組が主力組を圧倒する日があった。控え組のセンターバックとしてプレーしていた畠中槙之輔が出色のパフォーマンスを見せていたのだ。

 

 

 

下バナー

(残り 682文字/全文: 1370文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

tags: pickup 畠中槙之輔

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック