サッカーパック『今週の宇都宮徹壱おすすめ3本』

「ザ・ヨコハマ・エクスプレス」藤井雅彦責任編集:ヨコハマ・フットボール・マガジン

歩みが正しいことを証明するためには勝利あるのみ。ここからは“待ったなし”の戦いだ[Lカップ4節 湘南戦プレビュー]

 

リーグ戦とカップ戦でそれぞれ置かれている状況は違えども、マリノスはマリノスだ。0-3で完敗した次の公式戦でも黒星を喫すれば、雰囲気はどうしても落ち込んでしまう。負の流れを断ち切ってチームを立て直すために、そしてルヴァンカップのグループステージ突破を目指す意味でも、明日の湘南戦はとても重要だ。

スタメンについては『勝たなければいけない』を前提に考える必要がありそうで、ここまでのカップ戦3試合ほど大幅なメンバーチェンジはないのではないか。昨年のルヴァンカップでも似たような状況での采配があった。

今日現在、負傷で出場が難しいのは長期離脱している高野遼、負傷から10日ほどしか経過していないパク・イルギュ、それと全体練習には合流しているもののコンディションを上げるために時間が必要な椿直起の3選手。先週から練習復帰している李忠成については「もしかしたらメンバーに入るチャンスがあるだろう」と指揮官がメンバー入りの可能性を示唆。ただ消極的な口ぶりから先発の可能性は低そうだ。

前線は、勝たなければいけない試合という意味でルーキーの山谷侑士に3トップ中央を任せるかどうか。

 

下バナー

(残り 720文字/全文: 1212文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック