【サッカー人気1位】「どんな結果だろうと、このサッカーとこ…

「ザ・ヨコハマ・エクスプレス」藤井雅彦責任編集:ヨコハマ・フットボール・マガジン

天皇杯の初戦は難しい。あらためてそう感じさせる一戦だった [天皇杯2回戦 立命館戦レビュー]

 

やはり天皇杯の初戦は難しい。あらためてそう感じさせる立命館大学との一戦だった。

決して相手を舐めてかかったわけではないだろう。試合前から選手たちは自らに言い聞かせるようにテンションとモチベーションを保とうとしていた。しかし普段とは何かが違う。負けたとはいえFC東京戦は集中力高く戦えていただけに、比較するにも及ばない出来に終始してしまった。

立命館大はマリノスを研究し、対策を練ってきた。「大学生のレベルも全体的に上がってきていて、ちょっと昔の天皇杯で戦う大学生なら力を抜いても勝てるみたいなところもあったけど、今は力の差がなくなってきている。苦戦すると思ったけど、正直ここまで苦戦するとは思わなかった。ボールをつないでくるところと一発で狙ってくるところを使い分けてきた」と舌を巻いたのは、幾多の修羅場をくぐり抜けてきた最年長・栗原勇蔵。事実、マリノスは何度も背後のスペースを使われてピンチを迎えた。

劣勢の中、突破口を開いたのは今夏に海外移籍する可能性のある天野純だ。

 

 

 

下バナー

(残り 721文字/全文: 1172文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック