【サッカーパック人気4位】 2019年Jリーグ第26節・セレッソ大阪戦【選手コメント】興梠慎三「シ…

「ザ・ヨコハマ・エクスプレス」藤井雅彦責任編集:ヨコハマ・フットボール・マガジン

渡辺皓太がこの試合の最大の収穫。ヴェルディ仕込みの正確な技術、そして闘える選手 [天皇杯3回戦 横浜FC戦レビュー]

 

 

まずは勝ったことを強調したい。鹿島アントラーズ戦で今季初のリーグ戦2連敗を喫し、チームの雰囲気はややトーンダウンしていた。下位カテゴリーとはいえ同じ横浜に籍を置くチームにしっかり勝利し、嫌なイメージを引きずることなく次へ向かえる。後半途中からは押し込まれる時間帯が続いたが、体を張って守り切れたのは大きい。

 個々のパフォーマンスに目を移すと、この試合がマリノスデビューとなった渡辺皓太は最大の収穫として輝いた。

先週金曜日に全体練習に合流し、その後は鹿島戦やリカバリーの日もあったため、全体練習を消化したのは片手で数えられるほど。チームメートですら彼の特徴をしっかり理解できていなかったが、実戦ではとにかく足を止めずにハードワークする選手だった。攻守両面でプレーに関わることをやめない性分で、ボールを持たなくても存在感を発揮できる。

ヴェルディ仕込みの正確な技術も魅力だが、それ以上に闘える選手であることを印象付けた。闘争心むき出しに相手への果敢なプレッシングやスライディングタックルを仕掛けていく。小手先の技術に頼らない勇猛果敢なプレースタイルはおそらく指揮官好みで、今後は喜田拓也や扇原貴宏とボランチのポジションを争う存在になっていくだろう。

一方で、残念だったのはパク・イルギュの負傷交代だった。

 

下バナー

(残り 374文字/全文: 939文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

tags: pickup

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック