【サッカーパック人気1位】 ここでもう一度、フラットな位置からやり直し。【9/18 練習レポート】…

「ザ・ヨコハマ・エクスプレス」藤井雅彦責任編集:ヨコハマ・フットボール・マガジン

完勝ゲームの最初にG大阪DFの風穴を開けたのはティーラトン。守備での奮闘も称えたい [J25節G大阪戦レビュー]

 

 

 

 5バックで引いて守るガンバ大阪に対して、ある程度ボールを持てるのは想定通り。さらにコース限定の甘い相手のプレスはマリノスにとって大きな障害ではなかった。そのためマリノスのダブルボランチは最終ラインからボールを受けた次のシーンで、いとも簡単に前を向けた。あとは最終ライン5枚と中盤3枚で作る守備網を突破・攻略するのみだった。

押し込みながらもなかなか得点が奪えない展開で、ガンバディフェンスに風穴を開けたのはティーラトンだ。横幅を使った攻撃を展開し、右サイドでボールを持った扇原貴宏からのボールをペナルティエリア外の中央付近で受けると、迷わず左足を振り抜く。GK東口順昭が軌道を読み間違えたようにも見えるシュートは、重心の反対を突く鮮やかなゴールとしてネットへ吸い込まれた。

試合の流れを決める先制点の価値は大きかった。ただ、個人的にはティーラトンの守備での奮闘を称えたい。

 

下バナー

(残り 1354文字/全文: 1762文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

tags: pickup

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック