【サッカー人気4位】【J1騒乱】湘南ベルマーレ浮嶋監督が警…

「ザ・ヨコハマ・エクスプレス」藤井雅彦責任編集:ヨコハマ・フットボール・マガジン

「最後の最後に力を発揮してくれた」と小倉SDは和田拓也を賞賛。戦術理解能力の高さを武器に、本職のSBではなくボランチとして最終戦で堂々とプレーした和田の完全移籍決定

 

 

15年ぶりのリーグ優勝に貢献した二人が、期限付き移籍から完全移籍にスイッチする形でトリコロールの一員で在り続ける。

マリノスは23日、サンフレッチェ広島から期限付き移籍していたDF和田拓也(29)とGK中林洋次(33)を完全移籍で獲得することを発表した。

和田は今年3月から、中林は7月からマリノスに加入。常時スタメンというわけではなかったが、真摯な姿勢でトレーニングに臨み、準備を怠らなかった。優勝を決めた最終節・FC東京戦のピッチに二人がいたのは記憶に新しいところだろう。

本職はサイドバックの和田だが、その試合は扇原貴宏の出場停止をうけてボランチとして先発。戦術理解能力の高さを武器に、中盤の底で堂々とプレーした。小倉勉スポーティングダイレクターは・・・

 

410732e6929a040dd4c6454865ef7753

(残り 535文字/全文: 880文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

tags: 中林洋次 和田拓也

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック