【サッカー人気3位】文字通りの完敗。迷走する指針【島崎英純…

「ザ・ヨコハマ・エクスプレス」藤井雅彦責任編集:ヨコハマ・フットボール・マガジン

3バックを継続する選択ならば、新布陣には伊藤槙人、ほぼ一択 [J16節 C大阪戦プレビュー]

前節の名古屋グランパス戦で採用した3バックの新布陣について、ポステコグルー監督は「ひとつのオプションとして考えている。続けていくかはケガ人も出ているので、その中で考えていく」と話した。實藤友紀の負傷はおそらく軽い程度ではないだろう。継続するならば人選が問題になる。

實藤負傷後は扇原貴宏をコンバートして対応した。

 

 

しかし最終ラインでプレーしても扇原の良さは半減してしまう。中盤でアングルをつけてボールを引き出し、そこから長短織り交ぜたパスでリズムを構築できるのが背番号6の長所だ。左利きという理由だけで3バックの左で先発させる策はもったいない。

3バックを継続する選択ならば伊藤槙人、ほぼ一択となる。

 

 

 

ヨコエク

(残り 748文字/全文: 1075文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック