【サッカー人気4位】【J1騒乱】FC東京から見る横浜F・マ…

「ザ・ヨコハマ・エクスプレス」藤井雅彦責任編集:ヨコハマ・フットボール・マガジン

ティーラトンの急所をえぐるロングボールから、電光石火のビューティフルゴールが決まった。 エリキはシャドーにポジションを移してから3試合連続ゴール [J17節 鳥栖戦レビュー]

 

 電光石火のビューティフルゴールが決まった。

 まずチアゴ・マルチンスからのバックパスを受けた梶川裕嗣のプレー選択が素晴らしかった。相手のプレッシャーを受けているタイミングで、しかも開始早々1分にも満たない時間帯である。セーフティーにロングボールを蹴っても間違いではないだろう。

 

 

 だが梶川は落ち着いてしっかりとパスをつないだ。相手の間を通すグラウンダーの縦パスを送り、これを喜田拓也がダイレクトで左サイドに展開。ティーラトンがボールを持った時点でサガン鳥栖の4バックは自陣へ戻りながらのディフェンスを余儀なくされた。

 

 

 背番号5はすかさず相手の急所をえぐるロングボールを配給。DFを置き去りにするスピードで抜け出したエリキがトラップからの左足シュートで豪快にゴールネットを揺らす。これで背番号17はシャドーにポジションを移してから3試合連続ゴール。この日も3本の指を顔に当てる得意のゴールパフォーマンスが飛び出した。

 

 

 13分の追加点もティーラトンのフィードが起点となった。

 

ヨコエク

(残り 452文字/全文: 929文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック