【サッカー人気3位】【赤黄の道標】グランパス稲垣が語る川崎…

「ザ・ヨコハマ・エクスプレス」藤井雅彦責任編集:ヨコハマ・フットボール・マガジン

公開された試合前々日練習に見慣れぬ光景が広がっていた。 3トップ中央に入ったのはジュニオール・サントスでもオナイウ阿道でもなく・・・ [J26節 湘南戦プレビュー]

公開された試合前々日練習に見慣れぬ光景が広がっていた。

鹿島アントラーズ戦から中7日と久しぶりに余裕のあるスケジュールのチームは紅白戦を実施。途中、アンジェ・ポステコグルー監督の激しい檄も飛ぶなど、公式戦さながらの緊張感を醸し出す。

主力組3トップ中央に入ったのはジュニオール・サントスでもオナイウ阿道でもなく、昨季得点王のマルコス・ジュニオールだった。

 

 

狙いについて問われた指揮官は「湘南戦が終わったらまた練習できない状況になる。いろいろなことを試したかったし、彼にとって初めてやるポジションではない」と煙に巻いた。たしかに昨季はチーム編成の都合でストライカーポジションに入る試合もわずかながらあった。

だが昨季途中からはトップ下に固定され、『マルコス・システム』と呼ばれる戦術の中心に。ストライカーの資質(9番)を持ったトップ下の選手(10番)として君臨し、15年ぶりの優勝に大きく貢献したのは記憶に新しいところだ。

 

 

 

ヨコエク

(残り 686文字/全文: 1122文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック