【サッカー人気4位】いよいよ開幕戦。システムはどうなるのか…

「ザ・ヨコハマ・エクスプレス」藤井雅彦責任編集:ヨコハマ・フットボール・マガジン

(前戦での決勝点のクロスについて) 「個人的にはあの形を得意にしている。中学生の時か高校生の時か、今のコーチであるリキさん(松橋力蔵コーチ)に教わった」(高野) [上海上港戦コメント]

[コメント]

DF 16 高野 遼

――先日の試合では後半途中から出場して得点に絡んだ。あらためて試合を振り返ってほしい

「普段のJリーグとはまったく別の雰囲気もあったし、審判や相手も含めて、すべてがいつもと違う環境での再開初戦だった。いろいろなことがあって難しい試合になったと思う。なかなか自分たちのリズムになり切れず、一発でピンチになる場面もあった。でも90分を通して勝ち点3を取れたのはすごく大きな勝利だった」

 

©Y.F.M

 

――ここしかないというタイミングでの仕掛けで得点をお膳立てした。素晴らしいクロスだったが、振り返ってほしい

「個人的にはあの形を得意にしている。短い時間の中でもあの形は何回か出したいと思っていたし、そこにテルくん(仲川輝人)が入ってくれて、(天野)純くんも詰めてくれて、キー坊(喜田拓也)もペナルティエリアに入ってくれた。そのおかげで得点になった」

 

――腰を入れて蹴らないといけないので難しいクロスだと思う。あのクロスへのこだわりは?

「こだわりも練習もすごくしたわけではないけど(笑)、昔からあの形は持っていた。自分でもあんなに外から持ち出している実感はなくて、もうちょっとまっすぐ持ち出している時もあれば、外に流れている時もある。あまり深く考えて蹴っていないので、勢いそのままというか感覚」

 

 

――あのクロスを蹴るには何が必要? 筋肉なのか?

「自分の勢いに負けてはいけないし、うまく体を流して蹴らないといけない。一歩間違えるとゴールラインを割ってしまうので、そこは気を付けている」

 

――あのクロスを蹴るようになったきっかけは?

 

 

ヨコエク

(残り 972文字/全文: 1756文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

tags: 高野遼

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック