【サッカー人気1位】未熟さを露呈した逆転負け。自力残留への…

「ザ・ヨコハマ・エクスプレス」藤井雅彦責任編集:ヨコハマ・フットボール・マガジン

愛する家族のサポートでパフォーマンスが安定。 ティーラトンは逆転優勝を「あきらめない」

 

節目のJ1通算100試合出場を飾った湘南ベルマーレ戦は苦しみながらも1-0で勝利。試合終了のホイッスルをベンチで聴いたティーラトンは、静かにガッツポーズを繰り返した。

 

 

100試合出場は2018年から足掛け4年で達成した輝かしい記録だ。ヴィッセル神戸で28試合、そして横浜F・マリノスで72試合のピッチに立った。左サイドバックを主戦場とし、いかなる状況でも先発の一番手の座を守ってきた。

その選手でも苦労したシーズンがある。全世界が新型コロナウイルスに苦しみ始めた2020年だ。

愛する妻と息子はコロナ禍の影響で来日できず、離ればなれでの生活を余儀なくされた。心の拠り所を失ったティーラトンはケガにも見舞われ、本来のパフォーマンスを発揮できなかった。

 

 

ヨコエク

(残り 599文字/全文: 950文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ