【サッカー人気4位】【J激論】天皇杯で”惨敗”相次ぐ。風雲…

「ザ・ヨコハマ・エクスプレス」藤井雅彦責任編集:ヨコハマ・フットボール・マガジン

悔しいドローから中2日の連戦はむしろ好都合。 ターンオーバー制を採用しながら流れを一変させる勝利を [J14節 福岡戦プレビュー]

 

岩田智輝がチームにオプションをもたらす

 

マリノスの反発力を示さなければならないゲームだ。

悔しいドローに終わった浦和レッズ戦から中2日、再びアウェイの地へ乗り込み、今度はアビスパ福岡との対戦に臨む。

溜まっている鬱憤を晴らす方法は、とにもかくにも結果しかない。「浦和戦の反省を生かすためにもアビスパ戦は勝たないといけない」と言葉に気合いを込めたのはケガから復帰した岩田智輝。どの選手に聞いても同じような言葉が聴こえてくるに違いない。

 

 

こんな精神状態の時は中2日ですぐに試合が組まれているのは好都合かもしれない。気持ちを切り替えて練習に取り組めている雰囲気ではあるが、払拭する場は公式戦のみ。例えば、次の試合まで中6日のスケジュールで6日間も悶々するよりも、すぐさま試合がやってきてプレーで発散したほうが心身ともに健康的だ。

ただし、コンディションは難しい。幾度となく述べているように、中2日では試合に向けた調整はほとんど何もできない。疲労した体を回復させることに専念するのが得策で、それが最重要課題になる。

 

 

ヨコエク

(残り 966文字/全文: 1450文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ