「ザ・ヨコハマ・エクスプレス」藤井雅彦責任編集:ヨコハマ・フットボール・マガジン

「(自身の成長を感じる部分は?)ボールを受ける前にいくつか選択肢を持てるようになったことと、ボランチとしてセカンドボールの予測の部分は良くなったかなと思う」(岩田智輝) [福岡戦前コメント]

 

[コメント]

DF 24 岩田 智輝

――自身が途中出場してから2失点してしまった浦和戦をどのように消化している?

「自分の仕事としては、勝っている状況でしっかり試合を終わらせることだった。2点取られたけど、自分たちが1点取れれば違う展開になったと思うし、そこが足りなかった。2失点も防ぎきることができなくて悔しさがある」

 

――ボランチとしてやれることがあったと感じる部分も?

「中盤で頭を越されて何もできないのは、ボール保持者にプレッシャーがかかっていないからで、そこをコーチングしてボールにしっかり行かせることが大事だった。自分たちボランチと最終ラインをコンパクトに保てていれば相手の2列目の選手が前向きでボールを持つことも難しくなると思うので、そういった部分でやれることはあったと思う」

 

 

――浦和戦からの改善点として臨機応変に対応することも必要なのでは?

「相手のフォーメーションが変わったらチーム内で話すことが大事だし、それがあったとしてもスペースを見つけることは変わらない。間延びしたシーンが多かったので、コンパクトにできればよかったなと思う。相手が前半と後半と状況を変えてくることは今後もありえる。ボランチでもセンターバックでも、周りとコミュニケーションを取ってやっていきたい」

 

――名古屋戦での負傷とコンディションは?

 

ヨコエク

(残り 735文字/全文: 1326文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ