【サッカー人気1位】J再開前の重要チェックポイント! 各ク…

「ザ・ヨコハマ・エクスプレス」藤井雅彦責任編集:ヨコハマ・フットボール・マガジン

「(下平)匠さんには便利な日本語を教えてもらっている。みんなと早くコミュニケーションを取れるようになりたい」」(ユン)・「緊張しています」(町野)他 [キャンプコメント]

 

[コメント]

アンジェ ポステコグルー 監督

「ここまで選手もスタッフもチームとしてうまく融合できてきている。一体感を大事にしているので、ピッチのオンとオフの両方でチームが成長していく姿を見るのは嬉しいこと。選手とスタッフの両方から、昨日よりも今日のほうが良かったという言葉を聞いている。(システムは4バックになるのか?)今の時点では4-3-3の形をベースにしているが、いろいろな要素の中で変化していく。あくまで基本を作りたいという段階だ」

 

FW 16 伊藤 翔

「オフが短かったので、去年けがから復帰して以降の状態をキープできている。それが自分のスタンダードになりつつある。体重も軽いし、いい意味で無理をせず、適度な負荷をかけてやれている。緊張は正直していない(笑)。この時期は監督や同じポジションのライバルのことが目に入りがち。でも黙々とやった選手が最後に勝つ。自分のペースを崩さずやっていきたい。ギリギリ20代だけど、若い選手が増えたので上から数えたほうが圧倒的に早い。高卒の選手も増えて、でもこの人数なので1年目から戦力になってもらわないといけない。そういう手助けをしていきたい。サッカーとしては、ビルドアップの時のポジショニングが変わった。ボールと逆サイドにいることや、あとFWは待っていればいいというやり方に近い。そこまでボールが来るならゴール前の仕事に専念できるわけだから、自分としてはやりやすい。ただ、これからもっと監督が考えるサッカーをチームとして構築していく必要がある」

 

 

下バナー

(残り 592文字/全文: 1252文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ