「ザ・ヨコハマ・エクスプレス」藤井雅彦責任編集:ヨコハマ・フットボール・マガジン

このスタイルで、最も重要な役割を果たしているのがGK飯倉大樹である[J3節鳥栖戦プレビュー]

 

 

リーグ戦初勝利を目指すサガン鳥栖戦の先発は、これまでのリーグ戦メンバーが基本となる。チームとしては中2日での連戦のため、今日の練習はメニューすべてが短めに設定され、強度も低かった。それでもフォーメーション練習やセットプレーの確認で先発の顔ぶれが見えてきた。

 前節・柏レイソル戦からの唯一の変更はアンカーの喜田拓也が欠場すること。ルヴァンカップ・FC東京戦前日に右足首を負傷した影響だが、既に別メニューながらステップやターンといった動作を行っている。「明日は難しいが、水曜日は大丈夫かなと思っている」(アンジェ・ポステコグルー監督)。鳥栖戦はパスする公算が高く、ルヴァンカップ第2節・ベガルタ仙台に照準を合わせているようだ。

このメンバー編成の基本となるのは、勝利したFC東京戦のパフォーマンスを高く評価していない点にある。指揮官に言わせると、内容に関しては負けたセレッソ大阪戦や柏レイソル戦のほうが良かったということ。「今はチームを作っている段階。結果も大事だが、パフォーマンスにフォーカスしている」。毎日のように繰り返している言葉だ。

現行のスタイルを確立する上で、最も重要な役割を果たしているのがGK飯倉大樹である。

 

下バナー

(残り 718文字/全文: 1243文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ