関根貴大、新たなる決意とその覚悟【2016浦和レッズ・大原レポート】

■神戸戦で思い出した感覚

今夏にリオ五輪を控えたU-23日本代表が国内最後の国際親善試合・南アフリカ戦に臨む試合当日(6月29日)、関根貴大は大原サッカー場にいた。7対7のミニゲームに臨んでいたメンバーには合流せず、主将の阿部勇樹や柏木陽介らとともに、グラウンドの外を周回し、5連戦による疲労回復とコンディション調整に努めていた。

(残り 1053文字/全文: 1217文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »