【サッカー人気5位】【J1騒乱】FC東京から見る横浜F・マ…

石井紘人のFootball Referee Jurnal

【鹿島がアピールしたホールドはあったか?】2016J1 1st第3節 ベガルタ仙台 1-0 鹿島アントラーズ 西村雄一審判団評

試合後、整列を促す西村雄一主審に遠藤康が詰め寄る。いったい何があったのだろうか?

2分、ボールのない所で仙台選手とぶつかった植田に注意を与える。アピールする仙台選手に“私が見ている”と姿勢で示し、エキサイトを防いだ。5分にも不用意なチャレンジ、6分には競り合い時の金崎の腕をしっかり見極めた。ブーイングが起きた9分のボールアウトも、合っていたように見える。12分、遅れ気味のスライディングになった柴崎に厳しい笛で注意。西村主審は、“表現力”とアドバンテージでストレスなく試合を進める。

25分の遠藤が

(残り 963文字/全文: 1211文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック