【サッカー人気3位】沖縄キャンプ9日目【写真ギャラリー】

石井紘人のFootball Referee Journal

【アリレザ・ファガニ審判批評】リオ五輪決勝ドイツ×ブラジル:なぜ笛がブラジル有利に感じるのか?  

PK戦が始まる前、アリレザ・ファガニ主審は両GKLaws of the gameの【ボールがけられる前にゴールキーパーがゴールラインから離れる】の説明を行った。

PK時、ゴールキーパー(GK)はキッカーがボールをけるまでは両ゴールポスト間のゴールライン上にいなければならない。つまり、ゴールライン上を横に動いてキッカーにプレッシャーをかけることは可能だが、両足共にゴールライン上から一歩以上離れて、前に出てキッカーとの距離を縮めてはいけない。もし、ボールがけられる前にゴールキーパーがゴールラインから離れるなどの違反し得点にならなかった場合、ゴールキーパーは警告され、キックも蹴り直しになる。それ以上に問題なのは、ゼロックススーパーカップのように、選手やファンがエキサイトしてしまうことだ。それを防ぐために、ファガニ主審は強いポスチャーで説明した。

(残り 1124文字/全文: 1495文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ