『J番記者による大忘年会2017』~タグ祭り!~12/18渋谷で開催

石井紘人のFootball Referee Jurnal

【松尾一審判批評】天皇杯決勝鹿島アントラーズ×川崎フロンターレ:選手の審判へのアピールは必ずしもミスジャッジではない  

19冠鹿島の強さ“マリーシア”…乱闘寸前も小笠原「怒っていたわけではない」』という記事がゲキサカにあがった。「小笠原、中村という両チームの主将が前半の早い時間帯で衝突。決勝は荒れ模様の雰囲気も漂ってきた」(デイリースポーツ紙)という空気を作った小笠原だが、「パフォーマンスのひとつ。怒っていたわけではない。そういう細かいところにこだわって、闘うんだという気持ちを見せないといけない」と狙いを明かしている。

しかし、小笠原の怒りを、審判団の未熟さと受け取った方々もいるかもしれない。ということで、チーム松尾の心象ではない本当の出来を振り返ってみたい。

(残り 924文字/全文: 1198文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ