今夏のJリーグ移籍市場の深層をベテラン代理人が明かす(J論)

石井紘人のFootball Referee Jurnal

なぜ主審は第四の審判員からの進言でラストタッチを仲川とジャッジしオフサイドでゴールを取り消せなかったのか?【横浜Fマリノス×浦和レッズ:松尾一審判団批評】

Jリーグレフェリーチームの1月からルヴァン決勝までを追った
ドキュメントDVD【審判】販売スタート

 

■論点は「ラストタッチ→情報の出所」

58分、横浜Fマリノスの遠藤渓太のシュートが仲川輝人と競り合っていた浦和レッズの宇賀神友弥に当たってゴールに入ったように見えた。実況も「オウンゴールですかね?」と語っていたし、遠藤がゴールセレブレーションを行い、仲川があまり喜ばなかった心象もあるかもしれない。

(残り 929文字/全文: 1126文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック