【サッカー人気2位】解消された違和感と興梠の言葉 浦和がこ…

石井紘人のFootball Referee Jurnal

横浜Fマリノス×柏レイソル戦にPK?鹿島アントラーズ×コンサドーレ札幌戦の荒木友輔、川崎フロンターレ戦の飯田淳平、サガン鳥栖×清水エスパルス戦の村上伸次主審らのナイスジャッジ【レフェリーブリーフィング審判批評】


まずは上記を御覧頂き、FBRJではプラスアルファをレポートしたい。扇谷健司JFA(日本サッカー協会)国際・Jリーグ審判デベロプメントシニアマネジャーのコメントを訊いた私の見解も付け加える。

 

■アドバンテージ後の警告(SPA

J13節 鹿島アントラーズ×北海道コンサドーレ札幌戦の49

 

J2 6節 ジェフユナイテッド千葉×東京ヴェルディ戦の63

扇谷SMG「こういう場合は警告がでません。白のチームがハンドリングで、SPAとなるのですが、アドバンテージを適用し、シュートチャンスになった。以前のルールでは、白のチームに警告が出たのですが、新しいルールでは、チャンスが続いたということでカードは出ません。ここの解釈がチームにはまだ浸透していなくて、チーム側から疑問の声があがってしまいました。今回の改正はそれほど大きな改正ではないと我々は思っていました。ただ、コロナの影響で、いつものようにチームに行っての説明が出来ない中で、理解を進められず、試合に出てしまった。そういった意味では、チームに御迷惑をかけたといえるかもしれないです。」

 

(残り 1036文字/全文: 1714文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック