【サッカー人気2位】【J激論】前田大然の”飛び立ち”と”マ…

石井紘人のFootball Referee Journal

鹿島アントラーズ×川崎フロンターレ戦の裏話を佐藤隆治主審が明かす「ファウルを受けた選手がアドバンテージを要求していた」【開幕前レフェリーブリーフィングレポート⑧】

216日、日本サッカー協会(JFA)がオンラインにて『レフェリーブリーフィング』を開催した。

あえて見せた暴力的プレー目を覆いたくなるファウルも「必ず見るように」Jリーグが配った映像の意味【レフェリーブリーフィングレポート①】

今季の判定基準だが、昨季から大きな変化はない。今季は、どちらかというと理解を深めることに時間が割かれた。

扇谷健司JFA審判副委員長は「コンタクトプレー」「ハンドの反則」「オフサイド」「著しく不正なプレー」の4つをトピックスとしてあげた。

無料:プロフェッショナルレフェリーが明かす審判のハンドの反則の見極めの難しさ【レフェリーブリーフィングレポート⑥】

オフサイド、インパクトを判断するときの考慮点を野村修プロフェッショナルレフェリー【レフェリーブリーフィングレポート⑦】

90+3分、足の裏をみせて遅れてスライディングした三竿に【著しく不正なファウルプレー】で一発退場。川崎側はアドバンテージを要求したが、適用がマストな状況ではなく、受け入れられる判定だろう。

34分のエヴェラウドへの谷口のラフプレーはDOGSO?守備側競技者(山根)の位置と数?47分の奈良のホールドにイエロー?レッドカード?【鹿島アントラーズ×川崎フロンターレ:佐藤隆治審判団批評】

佐藤隆治プロフェッショナルレフェリー

「このシーンの回答は4番です。アドバンテージを適用せずにカードを示すというのが競技規則で書かれています。

(残り 1071文字/全文: 1592文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ